“我々は映画祭の火を消さない”

「第26回 函館港イルミナシオン映画祭 2020」
開催変更について

函館港イルミナシオン映画祭実行委員会
実行委員長 米田哲平

  時下、益々ご清栄のこととお喜び申しあげます。
  日頃から当映画祭の運営につきまして、ご指導・ご協力を賜り厚くお礼申しあげます。
さて、この度はコロナ禍で世界中の映画祭が開催延期や形式の見直しを迫られています。
当映画祭も今年度に関してはこれまでと同じような形での開催は困難な状況にあるものと考えておりますが、「シナリオ大賞」と「ショートムービーコンペティション」はすでに応募を終え、シナリオ大賞は昨年度よりも10本以上、ショートムービーコンペティションについても数本多い応募がありました。現在2つの予備審査に入っているところです。このような状況下であるからこそ何物にも負けまいとする“映画を愛する人たち”の情熱を確信いたしました。現在、映画館もソーシャルデスタンスの形で上映が始まりました。

  当映画祭も延期にするかまたは中止にするか議論を重ねてまいりましたが、我々は映画祭の火を消さないためにも中止はせずに今年度につきましては形を変えて開催する事といたしました。
会場を函館市公民館1個所とし、日程も3日間から2日間へ縮小。三密を避けるためオープニングパーティー及び公式パーティーは行わない事といたしました。作品も大幅に減ることとなりますが、無理なく充実した内容にしたいと考えております。

  映画祭の本質や役割については、コロナ後の映像文化を議論する場にしたいと考えております。
  つきましては、新型コロナウイルス諸般の事情ご理解の上ご協力よろしくお願い致します。

日程 2020年12月5日(土)・6日(日)
会場 函館市公民館
主催 函館港イルミナシオン映画祭実行委員会
共催 函館山ロープウェイ株式会社 金森商船株式会社
特別後援 函館市、はこだてフィルムコミッション、一般社団法人函館国際コンベンション協会