2018映画祭終了しました。
ご来場頂き、また、たくさん応援頂きありがとうございました。

上映スケジュール 2018/12/7(金)

17:00
17:30
開会式・シナリオ大賞授賞式

18:00
★オープニング上映 プレミア上映
止められるか、俺たちを(119分)

18:00
19:00
20:00
 

20:30
オープニングパーティー

21:00

上映スケジュール 2018/12/8(土)

12:00

12:30
プレミア上映
お口の濃い人(95分)
【ゲスト】 コーエンジ・ブラザーズ 他15名

14:50
志乃ちゃんは自分の名前が言えない(110分)

13:00
14:00
15:00
16:00
17:00

17:20
四月の永い夢(93分)
【ゲスト】中川龍太郎 監督

18:00

上映スケジュール 2018/12/9(日)

10:00

10:30
プレミア上映 サプライズ上映
第12回アジア国際青少年映画祭優秀作品上映(101分)
「get it beauty」最優秀監督賞(韓国)
「聞香識男人(男を嗅ぐ)」最優秀脚本賞(中国)
「家族のつくりかた」優秀作品賞(日本)
「優しい雨」最優秀アニメーション賞(日本)

11:00
12:00
13:00

13:10
プレミア上映
君から目が離せない(86分)
【ゲスト】篠原哲雄 監督、馮啓考、秋沢健太郎

14:00
15:00

15:25
プレミア上映
名 前(114分)

16:00
17:00

2018年 上映作品紹介
金森赤レンガ倉庫・金森ホール 上映作品

7日(金)上映

★オープニング上映
止められるか、俺たちを

予告編(Youtube)

プレミア上映・ゲスト来場(予定)

【監督】白石和彌 【脚本】井上淳一 【音楽】曽我部恵一
【出演】門脇麦、井浦新、山本浩司、タモト清嵐、毎熊克哉、岡部尚、伊島空、大西信満、藤原季節、高岡蒼佑、寺島しのぶ、奥田瑛二
2018年/日本/カラー/119分

ここには映画と青春があった でも私はなにをみつけたんだろう
”若松プロ”に飛び込んだおかっぱ頭の女の子、吉積めぐみ役・門脇麦!!
驚愕の若松孝二役・井浦新!! 音楽&主題歌・曽我部恵一!

1969年、原宿のセントラルアパートに”若松プロダクション”はあった。当時33歳の若松孝二が作り出すピンク映画は若者たちを熱狂させ、時代の先端を駆け抜けていた。 21歳で”若松プロダクション”の門を叩いた吉積めぐみの目を通して、若松孝二と共に映画、青春、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時を描く、青春群像劇! 2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年。いまや日本映画界を牽引する俊英白石和彌が、師匠若松孝二が時代と共に駆け抜けた若き日を描きだす。

8日(土)上映

お口の濃い人

予告(Youtube)

プレミア上映・ゲスト来場(予定)

【監督】コーエンジ・ブラザーズ【 企画・脚本】沖正人【 プロデューサー】菅乃廣
【出演】遠山景織子、藤崎卓也、菅原佳子、椋田 涼、相馬有紀実、黒田耕平、雑賀克郎、野辺富三、宮崎恵治、桑山 元、草野とおる、緒方ちか、豊田崇史、織野友貴、仁山貴恵、宮口勝志、城之内正明、奈住英治、中村史彦、前すすむ、岡遼平、杉山裕右、井上学、松中みなみ
2018年/日本/カラー/95分

とあるBarの特別な夜に訪れた、個性あふれる人達が繰り広げる、超口撃型、痛快ド
タバタコメディー。これはまさしく映画界の新ジャンル!!

第10回シナリオ大賞にて函館市長賞受賞・湯浅宏章監督作品!
志乃ちゃんは自分の名前が言えない

【監督】湯浅弘章 【原作】押見修造 【脚本】足立紳 【音楽】まつきあゆむ
【出演】 南沙良、蒔田彩珠、萩原利久、奥貫薫、山田キヌヲ
2017年/日本/カラー/110分

高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で名前すら上手く言うことが出来ず、笑い者になってしまう。ひとりぼっちの高校生活を送る彼女は、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。ギターが生きがいなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭に向けて不器用なふたりの猛練習が始まった。コンプレックスから目を背け、人との関わりを避けてきた志乃と加代。互いに手を取り小さな一歩を踏み出すが――。あの頃、誰もが抱いた苦悩や葛藤。戻れないからこそ現在を照らしてくれる、つたなくて、いとおしい日々。胸を打つラストに涙溢れる、傷だらけでまぶしい青春映画の傑作が誕生した!

四月の永い夢

予告編(Youtube)

ゲスト来場(予定)

【監督・脚本】中川龍太郎 【音楽】加藤久貴
【出演】朝倉あき、三浦貴大、川崎ゆり子、高橋由美子、青柳文子、森次晃嗣
志賀廣太郎、高橋惠子
2017/日本/ カラー/ 93分

亡き恋人から届いた手紙――止まったままの私の「時」が動き出す。
年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。そして心の奥の小さな秘密。
――喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。

9日(日)上映

サプライズ上映!第12回アジア国際青少年映画祭優秀作品上映

(101分)
「get it beauty」最優秀監督賞(韓国)
「聞香識男人(男を嗅ぐ)」最優秀脚本賞(中国)
「家族のつくりかた」優秀作品賞(日本)
「優しい雨」最優秀アニメーション賞(日本)

君から目が離せない

予告編(Youtube)

プレミア上映・ゲスト来場(予定)

【監督】篠原哲雄 【プロデューサー】馮 啓孝
【脚本】菅野臣太朗、岡部哲也
【出演】秋沢健太朗、真田麻垂美、渡部龍平、中村優一、田中要次、根岸季衣
2018年/日本/カラー/86分

劇団員(秋沢健太朗)は、年上の女性ヨガ講師の麻耶(真田麻垂美)に一目惚れしてしまう。麻耶をデートに誘うが、彼女には秘密が・・・。そんな時同期の廣畑(中村優一)がTVの仕事でスターになって帰って来る。役者としての夢と希望、麻耶への純粋な想いが交差する。近づけそうで近づけない恋、徐々に明かされる麻耶の過去。2人の恋の行方は?役者として進んで行く道は?至極の青春ラブストーリー。

名前

【監督・編集】戸田彬弘【原案】道尾秀介
【脚本】守口悠介
【製作統括】井川楊枝【プロデューサー】前信介【音楽】茂野雅道
【出演】津田寛治、駒井蓮、勧修寺保都、松本穂香、内田理央、池田 良、木嶋のりこ、金澤美穂
2018年/日本/カラー/114分